3月1日の米国株式市場

今日の米国株式市場ニュース

    前日比
SPX +0.69% 2,803.69ドル
QQQ +0.69% 174.39ドル
  • SPXは、米中貿易交渉への楽観的見方が広がり、弱い各工業指標をものともせず反発し、3日続いた下落を終わらせました。ヘルスケア関連が上昇しました。
  • テスラ (TSLA) は、昨日廉価版モデル3をオンライン販売のみで発売することを発表しましたが、販売店の閉鎖や従業員リストラが嫌気され、前日比7.84%ダウンの294.79ドルまで下落しました。
  • カナダのマリファナ製薬開発のキャノピーグロース (CGC) は、米有名カリスマ主婦のマーサ・スチュワートを同社顧問として契約しました。同氏は「人間および動物に貢献するカンナビジオールの開発を支援していく」とのこと。株価は前日比0.76%ダウンの47.05ドルまで下がりました。

日足チャート的には?

  • SPXは、下落したものの9日移動平均線がサポートになり反発しました。レジスタンス圏内ですのでこのまま200日移動平均線周辺をレンジ推移する可能性もあります。
  • QQQも、同上。
スポンサーリンク

FX – 主要強い通貨・弱い通貨ランキング (4時間足)

強い通貨トップ3 1. 英ポンド 2. カナダドル 3. NZドル
弱い通貨ボトム3 1. 日本円 2. 豪ドル 3. 米ドル

コモディティ

原油 -2.5% 55.80ドル
-1.3% 1,299.20ドル
  • 原油は、石油輸出国機構の加盟国の2月の1日あたりの産出量が前月から30万バレル減少して3068万バレルになりました。これは2015年から最低の量になります。 しかし、世界的な景気減速および米原油供給量の増加に対する懸念から、価格は下落しました。
  • 金先物は、米国および世界の株式市場を押し上げるリスクオン先行の相場観、および、ドル高を受けて、金を買うことを考える投資家が減り、価格は下落しました。

日足チャート的には?
         

  • 原油価格は、9日移動平均線を下に割り込んで大きく下落しました。20日移動平均線と同値になりました。逆に上昇してレンジブレークアウトした場合、58ドルあたりが次の価格目標となるでしょう。
  • 金価格は、20日移動平均線を大きく下抜けして、50日移動平均線の下に割り込みましたが、50日移動平均線がサポートとなり同線と同値で取引を終えました。

オプション – 出来高建玉回転率トップ10

 – 今日NY市場で通常以上に活発に取引されたオプション – 今後動く可能性が高い銘柄を探す目安になります。

銘柄シンボル 価格 権利行使価格 権利行使日 出来高 出来高建玉
回転率
予想変動率
BMY 53.22 57.5 03/15/19 72,444 89.88 48.50%
JD 28.73 29 03/01/19 7,056 65.33 0.00%
NLSN 26.98 28 04/18/19 15,895 65.14 37.29%
TGTX 7.21 8 04/18/19 6,339 63.39 85.11%
UPS 112.13 112 03/29/19 15,836 50.43 17.51%
ROKU 69.08 70 05/17/19 4,243 42.01 63.36%
HPQ 19.6 18 01/15/21 4,053 37.53 35.06%
AMZN 1,671.73 1,655.00 03/01/19 4,297 36.11 0.00%
CMCSA 39.1 39.5 03/01/19 5,686 35.76 0.00%
ROKU 69.08 68 03/08/19 3,991 32.45 51.78%

今週の米国株 – 主な企業の決算発表スケジュール

月曜日 SPKE LUNA MGIC IPAR
火曜日 TGT KSS CIEN GMS NIO
水曜日 DLTR THO ANF BZUN JILL LINC
木曜日 TECD KR CNQ GLP SSYS 
金曜日 ITRN ATNX WINA ANAB

皆さまのトレードが良いトレードになりますように!

株式トレードや投資に関する最終的な決定は、読者の皆さまご自身の判断で行うようお願いいたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です