3月5日の米国株式市場

今日の米国株式市場ニュース

    前日比
SPX -0.11% 2,789.65ドル
QQQ +0.07% 174.55ドル
  • SPXは、米中貿易交渉結果に対する懸念が広がり、様子見が続きました。
  • S&P500企業のうち491社が第4四半期決算を発表し、68%の企業が予想EPSを上回りました。
  • 小売チェーン店のターゲット (TGT) は予想を上回る第4四半期を発表し、株価は前日比で4.58%アップし76.00ドルで引けました。
  • 小売チェーン店のコールズ (KSS) は予想を上回る第4四半期を発表し、前日比7.31%アップで71.33ドルで引けました。
  • 中国の電子自動車メーカーのニオ (NIO) は、予想を下回る第4四半期決算を発表し、時間外で同日終値から10.16ドルから18.11%ダウンの8.37ドルまで下げました。

日足チャート的には?

  • SPXは、場中昨日の終値周辺をレンジ推移しました。日足では9日移動平均線上をかろうじてキープしました。レジスタンス圏内ですのでこのまま200日移動平均線周辺をレンジ推移する可能性が高いです。調整するとすればターゲットは2737ドル周辺になる可能性があります。
  • QQQは動きがなく、前日終値とほぼ同値で引けました。
スポンサーリンク

FX – 主要強い通貨・弱い通貨ランキング (4時間足)

強い通貨トップ3 1. 英ポンド 2. 米ドル 3. スイスフラン
弱い通貨ボトム3 1. 日本円 2. 豪ドル 3. カナダドル

コモディティ

原油 -0.05% 56.56ドル
+0.2% 1,284.7ドル
  • 原油先物は、中国の景気減速予想が需給減につながるとの見方から下落しました。リビアが、同国最大の油田を再開し、原油増産計画があると報じられています。
  • 金先物は、中国の景気先行き懸念を受けて反発。しかし、中国経済減速は金の需要減につながるとの懸念もあります。

日足チャート的には?

  • 原油価格は、20日移動平均線から反発しましたが上値が重く、場中は寄り天となり、日足で引き続き9日と20日移動平均線の間に留まりました。
  • 金価格は、1309ドルにある50日移動平均線も大きく下抜けして下落しましたが、1月の最安値あたりがサポートとなり続落を止めました。

オプション – 出来高建玉回転率トップ10

 – 今日NY市場で通常以上に活発に取引されたオプション – 今後動く可能性が高い銘柄を探す目安になります。

銘柄シンボル 価格 権利行使価格 権利行使日 出来高 出来高建玉
回転率
予想変動率
GE 9.89 7 03/15/19 135,254 484.78 113.62%
IFF 126.91 115 05/17/19 10,071 64.56 24.91%
CVS 54.96 90 01/15/21 29,765 54.12 26.97%
YNDX 36.16 45 01/17/20 20,119 44.91 36.43%
PBR 15.66 18 10/18/19 5,063 44.41 36.09%
GPRE 16.08 18 04/18/19 11,129 43.81 47.17%
GLW 34.69 34 05/17/19 7,892 42.66 26.53%
FB 171.26 100 05/17/19 4,501 41.68 45.43%
FB 171.26 245 05/17/19 4,153 33.22 29.33%
WCG 246.84 280 04/18/19 3,374 32.13 28.85%

今週の米国株 – 主な企業の決算発表スケジュール

月曜日 SPKE LUNA MGIC IPAR
火曜日 TGT KSS CIEN GMS NIO
水曜日 DLTR THO ANF BZUN JILL LINC
木曜日 TECD KR CNQ GLP SSYS 
金曜日 ITRN ATNX WINA ANAB

皆さまのトレードが良いトレードになりますように!

株式トレードや投資に関する最終的な決定は、読者の皆さまご自身の判断で行うようお願いいたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です