3月15日の米国株式市場

今日の米国株式市場ニュース

    前日比
SPX +0.50% 2,822.48ドル
QQQ +0.93% 178.35ドル
  • SPXは、米中貿易交渉に対する楽観的見方が広がり、先週の下落分を全部戻して年初来高値をつけました。ハイテク、消費財、金融、ヘルスケア銘柄が上がりました。
  • 半導体メーカーのブロードコム (CLDR) は、予想を上回る第1四半期決算を発表し、前日比8.24%アップの290.29ドルで引けました。
  • 中国の電子自動車メーカーのカンジテクノロジー (KNDI) は、2018年決算を発表し、前日比7.66%アップの5.62ドルで引けました。

日足チャート的には?

  • SPXは、昨日一息ついた後反発しました。レジスタンス圏内の上限にありますのでこのまま200日移動平均線周辺をレンジ推移する可能性が高いです。最高記録値2900ドル付近を目指していく可能性もあるでしょう。
  • QQQも同様です。史上最高値の187ドルを目指していく可能性もあるでしょう。
スポンサーリンク

FX – 主要強い通貨・弱い通貨ランキング (4時間足)

強い通貨トップ3 1. 英ポンド 2. スイスフラン 3. カナダドル
弱い通貨ボトム3 1. NZドル 2. 日本円 3. 豪ドル

コモディティ

原油 -0.29% 58.52ドル
+0.53% 1,302.90ドル
  • 原油先物は、4日連続続伸した後反落したものの、一ヶ月で最高の値上げがあった週でした。国際エネルギー機関によりますと、先月のOPEC加盟国からの1日の原油産出量は24万バレル減少して4年ぶりの最低レベルである3068万バレルになりました。 
  • 金先物は、ニュージーランドで起きた銃乱射襲撃事件、ドル安傾向、不透明感が強まる英国EU離脱問題により、金が買われ大台の1300ドルに戻りました。

日足チャート的には?

  • 原油価格は、9日と20日移動平均性の上で反落しました。引き続き9日と20日移動平均線はゴールデンクロスしたように見えます。 
  • 金価格は、反発して大台1300ドル上に戻りました。9日と20日移動平均線の間になりました。

オプション – 出来高建玉回転率トップ10

 – 今日NY市場で通常以上に活発に取引されたオプション – 今後動く可能性が高い銘柄を探す目安になります。

銘柄
シンボル
価格 権利行使価格 権利行使日 出来高 出来高建玉
回転率
予想変動率
ZGNX 52.78 60 04/18/19 12,454 104.66 38.94%
COTY 10.94 10 03/29/19 16,861 64.6 42.40%
BBD 11.94 13.00 04/18/19 15,442 46.65 34.26%
HIIQ 34.60 20.00 05/17/19 5,095 45.09 121.61%
MS 43.19 44 03/22/19 8,717 39.99 21.14%
CSCO 53.44 53.5 03/22/19 4,204 38.57 15.71%
VOD 18.99 19 03/22/19 5,050 37.97 19.97%
MSFT 116.81 117.00 03/15/19 11,084 31.85 0.00%
AMZN 1,714.54 1,705.00 03/15/19 5,157 31.25 0.00%
MRVL 20.13 20.5 03/29/19 35,839 30.24 39.12%

来週の米国株 – 主な企業の決算発表スケジュール

月曜日 TLRY OSTK LL AMRS STNE
火曜日 AURH ATOS FDX
水曜日 MU ASNS WPM 
木曜日 NKE CSIQ VALE CCL
金曜日 JKS HIBB TIF

皆さまのトレードが良いトレードになりますように!

株式トレードや投資に関する最終的な決定は、読者の皆さまご自身の判断で行うようお願いいたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です