6月4日の米国株式市場

 

    前日比
S&P 500 +2.14% 2,803.27ドル 
Nasdaq +2.65% 7,527.12ドル
  • S&Pは、FRB議長の発言から金利引き下げの期待が広がり、公益事業セクターを除いたすべてのセクターが、特にテクノロジーセクターと素材セクターが牽引して反発しました。
  • クラウド顧客管理ソフトウェアのセールスフォース (CRM) は、予想を上回る第1四半期決算発表し、時間外で同日終値から1.17%アップの152.58ドルになりました。
  • ハイテク グロース銘柄が買い戻され、オンライン広告プラットフォームのトレードデスク(TTD) は前日比12.91%アップの222.91ドル、動画SNSのスナップチャット (SNAP) は前日比10.78%アップの12.95ドル引けました。

日足チャート的には?

  • S&Pは、窓を開けて反発して、200日線と9日移動平均線の上に出ました。
  • Nasdaqも反発しましたが、200日線に届いて同値となっただけです。9日線には届きません。
スポンサーリンク

コモディティ

原油 +0.4% 53.48ドル
+0.1% 1,328.70ドル
  • 原油先物は、金利引き下げの期待により、4日連続続落から小幅反発しました。ベア・マーケットに入る恐れがあります。
  • 金先物は、5日連続で続伸しました。4ヶ月ぶりの5日連続続伸になります。株式市場が上昇したものの、長期米中貿易交渉の懸念と金利引き下げの予測が金価格を下支えしています。

日足チャート的には?

  • 原油価格は、9日20日50日200日すべての移動平均線の下にあります。20日が200日移動平均線を上からデッドクロスしそうです。
  • 金価格は、1月末のレベルまで戻りました。

オプション – 出来高建玉回転率トップ10

 – 今日NY市場で通常以上に活発に取引されたオプション – 今後動く可能性が高い銘柄を探す目安になります。

銘柄
シンボル
価格 権利行使価格 権利行使日 出来高 出来高建玉
回転率
予想変動率
MOH 152.56 150 09/20/19 7,868 53.52 46.43%
LEVI 21.48 22 07/19/19 6,983 53.31 36.55%
EA 94.13 95.00 06/14/19 4,599 43.8 38.94%
CMCSA 41.40 32.50 07/19/19 4,034 36.34 41.05%
DISH 36.25 32.5 07/19/19 10,158 35.89 52.59%
PLNT 77.51 75 08/16/19 3,462 30.64 36.26%
KEY 16.94 14 09/20/19 7,544 30.54 35.82%
HD 195.25 110.00 01/17/20 45,928 29.57 0.00%
QCOM 68.45 30.00 01/17/20 3,850 26.74 19.15%
NNN 53.21 50.00 06/21/19 4,425 26.34 24.36%

来週の主な企業決算発表スケジュール

月曜日 CTK
火曜日 TIF NAV Salesforce
水曜日 MongoDB, Campbell Soup, Five Below, Stitch Fix
木曜日 Beyond Meat, PagerDuty, Zoom
金曜日 FUJIY SEOAY

皆さまのトレードが良いトレードになりますように!

株式トレードや投資に関する最終的な決定は、読者の皆さまご自身の判断で行うようお願いいたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です